NET上で鑑賞出来るSF系ショート作品 No.3

2014年11月13日 00:05

今回はあまりにも有名で、今更ながらな二作品の紹介。食を素材にしたモンスターの日米対決編(?)にしてみました。ご覧になった事のある方は再度、初めて鑑賞する方は、この馬鹿馬鹿しさを充分、堪能あれ。

『ハンバスター』(原題:Hambuster)
6分51秒、フランスのクリエイター育成マルチメディア高等教育校スパンフォコムの学生たちによる3Dアニメ作品。
作風は一見、ピクサー風だが、その、のんびりした公園のオープニングシーンに騙されてはいけない、のっけから怒濤の展開で、人体破壊描写が容赦なく、血みどろ、ぐちゃぐちゃ、という、内容は実に過激なスプラッタ・ホラーにしてグロいので、そのつもりでご覧頂きたい。

ハンバーガーが人を襲う、というだけの物語だが、その展開のテンポが素晴らしく、過去のホラー作品を意識した造りが、その手のファンの嗜好を満足させる構成になっている。

これを観て、ハンバーガーが食べられなくなっても、当方は責任を負わない。

鑑賞はこちらの vimeo.com のサイトから

『モンスターロール』(原題:Monster Roll)
6分11秒、監督ダニエル・ブランクによる、実写版、寿司職人と海の巨大怪獣の決死のバトル。
こちらも『ハンバスター』同様、展開の馬鹿馬鹿しさに爆笑出来る傑作短編作品。

主演は大立昌史、「ラストサムライ」「硫黄島からの手紙」等に出演している日本人俳優。監督はニューヨーク大学映画学科を卒業し、本編は、長編映画を売り込むためのコンセプトモデルとして製作。実写でこのクオリティは素晴らしく、特に巨大化した海洋生物の迫力は、下手な特撮長編映画より数段上。

これを観て、寿司が食べられなくなっても、当方は責任を負わない。

鑑賞はこちらの vimeo.com のサイトから
オフィシャルサイトがあり、VFXの紹介等もあり


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/981-cabc32ad
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------