NET上で鑑賞出来るSF系ショート作品 No.2

2014年11月08日 00:00

greatmartianwar01

既にいくつかのサイトで取り上げられているので、ご覧になった方もおられると思うが、それらと重なる事を承知で、当サイトでも案内する。
『Great martian war』(大火星戦争)と題された3分31秒のモノクローム作品。鑑賞はこちらのvimeo.comのサイトから。

元来はケーブルTV局ヒストリー・チャンネルのイギリスとカナダ支局が放映した『The Great Martian War』で作られた映像を、PLAZMA という英国のCGやアニメを製作する会社のクリスチャン・ジョンソンという監督がショート・フィルムとしてクリエイトした作品。

"第一次世界大戦が火星との戦争だった"という想定のフェィク・ドキュメンタリーになっているのだが、これが古いフイルムのテクスチャーをリアルに再現していて面白い。
火星軍の侵略戦闘機械は、H・G・ウェルズの宇宙戦争に登場するトライポッドそのままの設定なのが嬉しいし、捕虜となったと覚しき火星人の描写も一瞬、挟み込まれたりする。‥こういっちゃぁ何だがスピルバーグとトム・クルーズの「宇宙戦争」よりいい感じだぞ。

jakubrozalski

また、こちらは絵画だが、ポーランドの画家Jakub Rozalskiの作品で、第一次大戦直後の東欧の風景に、巨大ロボットや戦闘機械を登場させた‥という、コンセプトが似ている設定の作品があるので、こちらからご覧頂きたい。
この画家の美術の実力もさる事ながら、違和感のない融合が凄い。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/979-1dd23b6a
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------