ベン・アフレック、主演、監督等で今後公開の作品 1/2

2014年09月09日 00:12

ベン・アフレックが主演する、もしくは監督作品等で色々ニュースが出てきている。ちと、ここらでまとめて整理したいと思う。
個人的に彼の今までの監督三作品「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」「アルゴ」は全部好きで、彼の監督作の原作チョイスが、当方の小説の嗜好とも合っているので、目が離せないと言うか、気になるのである(上記三作品は本サイトで取り上げているのでリンクを参照頂きたい)。

先ず、これからの主演作品だが、既に日本公開予定作品で取り上げている『ランナーランナー』(原題:Runner Runner)の11月21日公開が控えている。オンライン違法賭博をテーマにした「リンカーン弁護士」のブラッド・ファーマン監督による期待のスリラー作品だ。

今年10月に北米公開で、日本では12月に公開が予定されている作品が『ゴーン・ガール』(原題:Gone Girl)。女性作家ギリアン・フリンの原作で、監督がデヴィッド・フィンチャーというこれも超期待のサイコロジカル・スリラー作品。
チト不気味な構図の写真が「Entertainment weekly」誌のカバーにもなり、特集もされた話題作で、フィンチャー好みの題材だが、原作者フリンが脚本も担当し、原作とは異なるラストを用意していると言う。

"結婚5周年に妻が失踪したと夫が通報、完璧なはずだった夫婦だが、夫が語る幸福な結婚生活は崩れ始めていた、不可解な行動をとる夫に疑惑が…"

『ゴーン・ガール』日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/952-7a67b934
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------