『TATSUMI(タツミ)マンガに革命を起こした男』一般公開。

2014年08月21日 00:05

tatumi_20140818

2011年5月に"辰巳ヨシヒロの「劇画漂流」を長編アニメ化した『TATSUMI』がカンヌ映画祭"ある視点部門"に出品"のタイトルで記事にした作品がようやく、角川シネマ新宿で11月から一般公開される事となった。

2011年5月に東京国際映画際で上映され、2013年に京都シネマで数日間の特別上映が開催されたのみで、ようやく通常の一般公開が決定した。世界各国で公開され、高評価を受けているにも関わらず、お膝元の日本で、しかも東京での一般公開がなく、それはないだろうと思っていたので、本当にやっとの公開だ。
辰巳ヨシヒロの「劇画漂流」を元にシンガポールで長編アニメーション化され、監督は同国のドキュメンタリー監督エリック・クー。俳優の別所哲也が劇中で1人6役の声を担当している。

劇画というと我が国ではさいとうたかおや、白土三平の名は知られていても、そのネーミングの創始者たる辰巳ヨシヒロの存在は余り認知されていないのが、一ファンとして寂しいが、これを機会に、彼の自伝ともいえる劇画誕生の課程と、その作品に触れていただきたい。

日本語オフィシャルサイトはこちら。  ◎Facebookページはこちら
YouTubeに公開されている国内版トレーラーはこちら。  ;◎英語字幕の別予告編はこちら
メイキング・オブ・『TATSUMI』 The Making Of TATSUMI(4分50秒)
青林工藝舎「劇画漂流」(上) ◎青林工藝舎「劇画漂流」(下)。  ◎講談社文庫「劇画漂流」(上); ◎講談社文庫「劇画漂流」(下)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/944-ddf90757
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------