日本公開予定作品『NY心霊捜査官』『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』『ドラキュラZERO』

2014年07月10日 00:17

graceofmonaco_others

『NY心霊捜査官』(原題:Deliver Us From Evil)  9月20日(土)全国公開。
プロデューサーがジェリー・ブラッカイマー、監督脚本は「エミリー・ローズ」のスコット・デリクソン、キャストは「トロイ」のエリック・バナや、「ゼロ・ダーク・サーティ」のエドガー・ラミレスといったキャストによるオカルト刑事ドラマ。実在する元ニューヨーク市警が体験した戦慄の実話を元に映画化…という謳い文句が、既にB級臭プンプンの作品。
"霊感を持つ刑事が、その特殊能力を犯罪捜査に活かし、人間ではない'何か'が起こす事件の捜査に挑む"。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(原題:Grace of Monaco)  10月 TOHOシネマズ有楽座他。
ハリウッドの人気女優から、モナコ公国の公妃となったグレース・ケリーをニコール・キッドマンが演じる伝記ドラマ。監督は「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のオリビエ・ダアン。
モナコ王室が、その内容にクレームをつけ作品とは別次元で話題になっている。‥王妃の息子が、母だけを美化しモナコ大公の描き方に不満がり、脚本変更を要望したが受け入れられず、不必要に美化した完全なフィクションであり、決して伝記映画とは呼べないとコメントしている。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『ドラキュラZERO』(原題:Dracula Untold)  10月31日(金)全国公開。
15世紀に実在しドラキュラの起源とされた男、ヴラド・ドラキュラをベースに描かれる物語。VFXを駆使し今まで見たことのないスタイリッシュさと、ビジュアルに仕上がっている、と謳うアクション・エンターテインメント作品。
ドラキュラを演じるのは「ワイルド・スピード EURO MISSION」や「タイタンの戦い」に出ていたルーク・エヴァンス。共演に「コズモポリス」「危険なメソッド」のサラ・ガドン、「リンカーン/秘密の書」のドミニク・クーパー等が共演。監督は新鋭ゲイリー・ショア。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/925-728154c6
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------