日本公開予定作品『イントゥ・ザ・ストーム』『 LUCY 』『リスボンに誘われて』

2014年06月19日 00:07

lucy_others

『イントゥ・ザ・ストーム』(原題:Into the Storm)  8月22日(金)全国公開。
かってスティーヴン・スピルバーグの製作総指揮、ヤン・デ・ボン監督で製作された「ツイスター 」を彷彿とさせる竜巻映画だが、監督は「ファイナル・デッドブリッジ」のスティーブン・クォーレ、出演者はリチャード・アーミテージ以外、名の知れた俳優陣はおらず、B級感横溢のディザスター・ムービー。
予告編も半分以上に渡り、文字とサウンドのみで、映像がほんの少々という、辛うじて作りました的なのも如何なものか。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『 LUCY 』(原題:LUCY)  ;8月29日(金)全国公開。
4月に本サイトで紹介済みのリュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン主演のSFアクション作品が早くも日本公開される。
「アベンジャーズ」シリーズのブラック・ウィドウが人気で、そのスピンオフの企画もあるという彼女の魅力を十二分に生かしたアクション・エンタティメントである。共演はモーガン・フリーマン。
マフィアの闇取引に巻き込まれ、体内に新種のドラッグの入った袋を埋めこまれた主人公が、アクシデントによって漏れ出し、彼女の脳は突如覚醒し始める。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『リスボンに誘われて』(原題:Night Train to Lisbon)  2014年秋、Bunkamura ル・シネマ他。
早川書房から邦訳も出ている、パスカル・メルシエの世界的ベストセラー哲学小説「リスボンへの夜行列車」の映画化作品。監督は「マンデラの名もなき看守」のビレ・アウグスト、主演はジェレミー・アイアンズ、共演メラニー・ロラン、シャーロット・ランプリング、ブルーノ・ガンツ、クリストファー・リー等。
スイスの古典文献学教師が一冊のポルトガルの古書を手に入れ、謎の著者について知るため、リスボンへ旅立つ。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/914-4d38eef1
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------