日本公開予定作品『それでも夜は明ける』『グランドピアノ~狙われた黒鍵~』『あなたを抱きしめる日まで』

2014年01月18日 00:03

grandpiano_others

『それでも夜は明ける』(原題:12 Years a Slave)  3月7日(金)TOHOシネマズみゆき座他。
第71回ゴールデン・グローブ賞で最優秀作品賞に輝いた作品。原作は南部の農園に売られた黒人ソロモン・ノースアップが12年間の壮絶な奴隷生活をつづった伝記。監督は「SHAME シェイム」のスティーブ・マックイーン、ブラッド・ピットがプロデュース・出演をし、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ等も共演。
日本語オフィシャルサイトはこちら。   ◎予告編はこちら(英語版)

『グランドピアノ~狙われた黒鍵~』(原題:Grand Piano)  3月8日(土)新宿シネマカリテ他。
イライジャ・ウッドとジョン・キューザックが競演するノンストップサスペンス。コンサートホールを密室に見立て、正体不明のスナイパーに、命を狙われたピアニストがピアノ演奏を一音でも間違えたら殺されるという設定で進行する。
最近は「マニアック」で変態殺人鬼役を演じたイライジャ・ウッドも自身の趣味であるホラー映画やサスペンス一直線で出演作品もブレていないのが高感触。スナイパー役がジョン・キューザックというのも嬉しいキャスティングだ。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『あなたを抱きしめる日まで』(原題:Philomena)  3月15日(土)新宿ピカデリー他。
「クィーン」のスティーブン・フリアーズ監督が、名優ジュディ・デンチを主演に据えて、イギリスでベストセラーとなったノンフィクションを原作を映画化した作品。原題はフィロミーナで18歳で未婚の母となった主人公の名前なのだが、超適当な邦題がつけられた。
各国で絶賛されたが、内容がカトリックの処女信仰を批判しているとして、批判・攻撃もされた経緯がある。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/846-2e04ca2e
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------