『スティーヴン・キングは殺せない!?』鑑賞/雑感

2013年11月09日 00:01

今年6月にここに紹介した『スティーヴン・キングは殺せない!?』(原題:You Can’t Kill Stephen King)。7月に劇場公開され、10月2日にDVDが発売されたのでレビューをば…。

こういう映画は、B級・低予算・下劣等、総て承知の上で鑑賞するファンしかいないだろうから、真面目に俎上に載せる事はなくても、一応、どんなヤツらがどんなツモリで作ったか知っておきたい。
作品のFacebookページがあり、監督及び主演の連中のメッセージ(英語文は"もっと見る"をクリックすると日本語訳が出る)を見ると、日本公開を喜んでるらしいのが微笑ましい。

それと以下は配給会社の宣伝文句の抜粋。
"キングの代表作をパロディ化しつつ、避暑地スラッシャー系のド田舎異文化遭遇譚が融合したミステリアスな物語が展開。血まみれの恐怖と容赦ないバイオレンスにお下劣な笑いが合体したエキサイティングな問題作。主演は実業家でイラクでの諜報活動経験も持つモンロー・マンと、スタンダップ・コメディ出身のロニー・カリル。この異色コンビを筆頭に、女優陣の悩殺水着サービスも万全だ"

制作側も配給側も確信犯的なこの態度に、もぉ、面白くなくても許しちゃうというユル~い精神で鑑賞出来る作品である。

…まぁ何だ、で、鑑賞結果も矢張り面白くなかったんだけどね。主演の男二人(黒人除く)が脚本と監督を兼ねてるんだが、キングのパロディ色は薄め、少なめ、どちらかと言えば展開はホラー映画のパロディで、キングのパロディをトッピングしましたという印象。これでタイトルに"スティーヴン・キング"をよく入れたなぁ。キングファンの自主製作レベルと言いたいところだが、これでは世のキングファンには受け入れられないと思うぞ。
…ユル~い気持ちで観たら、それ以上にユルい映画でした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/813-3c6bb5ed
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------