『300 ライズ・オブ・エンパイア』

2013年08月27日 00:27

前回、前々回と続けてザック・スナイダー関連の話題、これに前回のフランク・ミラーの話が絡む。

「300 スリーハンドレッド」の続編(正確にはスピンオフ)となる『300 ライズ・オブ・エンパイア』(原題:300 Rise of an Empire)の予告編とポスターが公開された。
ペルシャの海軍を率いる女神アルテミシアが、ペルシャ王クセルクセスにスパルタとの戦いを命じるアルテミシオンの海戦を描く作品となる(歴史上では前作のテルモピュライの戦いと同時期に勃発している戦争)。

但し前回監督のザック・スナイダーはプロヂューサーに廻り、監督はイスラエル出身の「賢く生きる恋のレシピ」のノーム・ムロがあたる。クセルクセスを演じるのは前回同様「300 スリーハンドレッド」で強烈な印象を残した ロドリゴ・サントロ。その他にサリバン・ステイプルトン、エバ・グリーン、レナ・ヘディ等が共演する。

前回は原作のフランク・ミラーによるグラフック・ノベル「300」のイメージを忠実に再現した作品となっていたが、今回もフランク・ミラーの「クセルクセス」(原題:Xerxes)が原作となる。
フランク・ミラーは自身の作品「シン・シティ」をロバート・ロドリゲスとの共同で監督したり、ウィル・アイズナーの名作「ザ・スピリット」を単独監督して失敗している実績(?)がある、残念ながらグラフック同様には、映像の才能は無いようで、映像化に関わるのは「300 スリーハンドレッド」のように原作+製作にとどまる範囲内でお願いしたい。

なお、原作本「300」は大型変形版で書籍化され、邦訳も小学館プロダクションから2007年に出版されているが、「Xerxes」の方はダークホース・コミックの「D・H・P」(Dark Horse Presents)に数回掲載されたが纏めて書籍化されるには至っていない。

『300 ライズ・オブ・エンパイア』の米国での公開は2014年3月7日、日本では2014年5月30日に公開が予定されている。
オフィシャルサイトと予告編はこちら

xerxes-comic-book


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/779-27b53318
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------