ヴィンチェンゾ・ナタリ新作ホラー『Haunter』

2013年08月06日 00:13

「CUBE」「スプライス」のカナダ出身監督ヴィンチェンゾ・ナタリの最新作『Haunter』が本年10月に北米公開されるのに併せ、そのポスターと予告編が公開された(題名は"Hunter"ではなく"Haunter"。ホーンテッドの"Haunt"で、幽霊とかをも意味するが、この題名の場合は"出没するもの"を指しているらしい)。

かってミステリアスかつ邪悪な力により自宅で死亡し、自分の家族と共に地縛霊になった少女が、謎の死を遂げたその日を繰り返し繰り返し体験し続けている家。その家に新しく引っ越してきた家族がいて…、とここら辺りは常道ホラーの導入部だが、この幽霊達は、新しくその家に引っ越してきた家族が自分達と同じ運命を辿らないよう、この世へ手を差し伸ばし警告する…という新手のストーリーらしい。

「ゾンビランド」「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリンが引っ越して来た主人公の少女を演じる。このブレスリン、M・ナイト・シャマラン監督の「サイン」でメル・ギブソンの娘役を演じたのが映画デビュー。現在17歳だから、6歳くらいにデビューしていた事になる。今年は他に、ハリソン・フォードと共演するSF大作「エンダーのゲーム」にも出演。

監督のヴィンチェンゾ・ナタリだが、本サイト2011年の記事で紹介した、<ウィリアム・ギブソンの「ニューロマンサー」の映画化企画や、その以前にもJ・G・バラードの「ハイ-ライズ」の映画化企画等があり、更にイギリスでベストセラーとなったSFファンタジー「トンネル」の企画も含めて企画進行中の報道が多くあり、この作品の次に何を撮るのか未だ報道されていない。

『Haunter』予告編はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/770-23fe489f
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------