Dark Horse Comics の『R.I.P.D.』実写映画化 予告編登場

2013年04月27日 00:01

ダークホースコミックス社からの出版物を原作にした実写映画化作品は、マーベルやDCに引けを取らず多い、代表的な作品は「ヘルボーイ」シリーズや、最近、続編「300:Rise of An Empire」の制作が発表された「300 スリーハンドレッド」等がある。

作家であり、映画TVのプロデューサーであるピーター・M・レンコフが原作を担当した『R.I.P.D.』も、彼のプロデュースで実写映画化が企画され、本年中の公開を目指す作品で、そのポスターや予告編が公開された。
監督は「RED/レッド」のロベルト・シュヴェンケ、主演がライアン・レイノルズ、共演にジェフ・ブリッジズ、敵役にケビン・ベーコンという顔ぶれ。

題名の『R.I.P.D.』は"Rest In Peace Department"の略で、R.I.Pとは死者を悼むときのための決まり文句、これに部門・課を表すDepartmentが付いて、作中では殺された主人公が配属される幽霊警官チームの部署名となっている。

主人公のライアン・レイノルズのパートナー役が、「トゥルー・グリット」以来、西部のガンマンスタイルが板に付いたジェフ・ブリッジズ。

内容は「メン・イン・ブラック」と「ゴースト・バスターズ」を混ぜ合わせたような内容の、ど派手なアクションとCGによるSF・エンタティメント・コメディ。
7月19日からアメリカで劇場公開され、東宝東和の配給で10月に日本公開の予定あり。

『R.I.P.D.』予告編はこちら(英語版)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/725-0d170137
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------