日本公開予定作品『フッテージ』 『ポゼッション』『エンド・オブ・ホワイトハウス』

2013年03月16日 00:02

sinister_others

『フッテージ』(原題:Sinister)  5月11日(土)より全国順次公開。
イーサン・ホークが主演するホラー作品。監督は日本のホラー映画が大好きで、その影響を受けたと言われる「エミリー・ローズ」「地球が静止する日」のスコット・デリクソンが監督。
"ノンフィクション作家のエリソンは 、ベストセラーを夢見てある未解決の一家惨殺事件の現場となった家に家族で引っ越す。そして新居の屋根裏で、一家殺害の様子を写した恐ろしい映像(フッテージ)を発見する"。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『ポゼッション』(原題:The possession)  5月25日(土)よりロードショー公開。
昨年7月に当サイトで[納涼企画?最新ホラー映画注目作紹介 その1]として紹介した作品。サム・ライミ製作として取り上げられているが、監督は「ナイト・ウォッチ」のオーレ・ボールネダル、災いをもたらす"呪いの箱"にまつわる衝撃の実話を基に製作されたお話し。
ちなみに前述の「ナイト・ウォッチ」はティムール・ベクマンベトフ監督作品ではなく、ユアン・マクレガーが、屍体置場の夜警のアルバイトをする青年を演じた作品の方。…で、「ポゼッション」という題名も1981年のイザベル・アジャーニが主演したフランスと西ドイツの合作と同題名。ややこしいなぁ、
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『エンド・オブ・ホワイトハウス』(原題:OLYMPUS HAS FALLEN)  6月8日(土)より全国公開。
「300」のジェラルド・バトラーがプロデューサーを務め、主演したアクション作品。監督は「ザ・シューター/極大射程」のアントワーン・フークア。他にモーガン・フリーマン、アーロン・エッカート等が出演する。
"米独立記念日、鉄壁の要塞ホワイトハウスがテロリストによって占拠された。人質にとられた大統領を果たして無事に救い出すことはできるのか、元シークレットサービスの主人公がテロリストと対決する"。
日本語オフィシャルサイトはこちら、◎予告編(英語版)はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/705-bbcf059f
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------