日本公開予定作品『孤独な天使たち』『華麗なるギャツビー』『終戦のエンペラー』

2013年03月07日 00:16

gatsby_others

『孤独な天使たち』(原題:Io e te)  4月シネスイッチ銀座他。
「暗殺の森」「ラストタンゴ・イン・パリ」「ラストエンペラー」のベルナルド・ベルトルッチ監督10年ぶりの新作、2012年カンヌ映画祭特別招待作品。
14歳の少年が年上の異母姉との交流を通じて成長していく姿を描くニッコロ・アンマニーティの同名小説の映画化。原作の邦訳は同名の『孤独な天使たち』で河出書房新社から単行本が出ている。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『華麗なるギャツビー』(原題:The Great Gatsby)  6月14日(金)全国公開。
F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」の映画化作品、70年代にジャック・クレイトン監督により、ロバート・レッドフォードとミア・ファローを主演に映画化されている。今回は「ムーラン・ルージュ」「 オーストラリア」のバズ・ラーマンが監督で、ギャツビー役はレオナルド・ディカプリオ、デイジー役はキャリー・マリガン。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『終戦のエンペラー』(原題:EMPEROR)  7月全国公開。
太平洋戦争直後の日本とアメリカの史実をもとにトミー・リー・ジョーンズがマッカーサー元帥を演じる歴史サスペンス。「真珠の耳飾りの少女」「ハンニバル・ライジング」のピーター・ウェーバーが監督。
昨年NHKが放映した渡辺謙主演のドラマ「負けて、勝つ ~戦後を創った男・吉田茂~」ではデヴィッド・モースがマッカーサー役を演じていた。このNHKドラマは内容の偏向性が一部で指摘されているので、今回この映画で、アメリカ側の描き方を鑑賞・比較したい。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/700-ae9c048b
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------