アンソニー・ホプキンス版 映画『ヒッチコック』

2012年10月18日 00:05

hitchicock_movie_poster+4

映画『ヒッチコック』(原題:Hitchcock)のポスターと、オフィシャルサイト・予告編が公開された。これはアルフレッド・ヒッチコック監督が1960年に製作した『サイコ』製作の裏側を描く作品であり、映画の元となった書籍が存在する。
これについては、当サイトで"書籍「アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ」映画化企画とアンソニー・ホプキンス"という記事を2011年2月に載せているので参考にご覧頂きたい。
併せて、続けて載せた記事"ヒッチコック『サイコ』に関する2.3の事柄"もお読み頂ければと思う。

さて、この『ヒッチコック』、ヒッチコック役をアンソニー・ホプキンスが演じているのだが、予告編を観ると、風貌を似せているのは勿論だが、その喋り方がヒッチと瓜二つで驚いた(TVのヒッチコック劇場では熊倉一雄が吹き替ていたが)、上記の記事からもリンクしているヒッチ自身が紹介する『サイコ』の劇場用予告編と、今回の『ヒッチコック』の予告編での、「Good Afternoon」を聞き比べてもらえれば、一目瞭然(この場合は一聴歴然か)。

監督は「ターミナル」の脚本や「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」を監督したサーシャ・ガヴァシ。妻アルマ・レヴィル役でヘレン・ミレン、アンソニー・パーキンス(ノーマン・ベイツ)役が「アメリカン・ホーンティング」のジェームズ・ダーシー、ヴェラ・マイルズ役でジェシカ・ビール等が出演するのだが、極めつけは矢張りジャネット・リー役のスカーレット・ヨハンソン。
有名なシャワーシーンの絶叫演技(これでジャネット・リーはアカデミー主演女優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞も受賞)の再現も予告編に一瞬登場するので、お見逃しなく。

本作は11月23日に全米公開される予定だが、日本での公開は現段階では未定。

『ヒッチコック』オフィシャルサイトと予告編はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/633-cb4405a9
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------