日本公開作品『トールマン』『アパートメント:143』『チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~』

2012年10月02日 00:10

thetallman_others

『トールマン』(原題:The Tall Man)  11月3日(土)シアターN渋谷他公開。
7月に"納涼企画?最新ホラー映画注目作"として紹介した作品。その時点で"日本公開の予定は無い"と書いたが、早くも日本公開が決定。
それも、12月2日をもって閉館となるシアターN渋谷のクロージング作品として上映される事となった。
日本語オフィシャルサイトはこちら予告編(英語版)はこちら

『アパートメント:143』(原題:Apartment 143)  11月3日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷他公開。
棺桶脱出サスペンス「リミット」のロドリゴ・コルテス監督のスペイン製ホラー作品。超常現象を研究する調査チームが奇怪現象が報告されたアパートにハイテク機器を駆使して、解明と調査に赴くが…。
いささか食傷気味のPOV(Point of view)ホラーなので、その手のモノがお好きな方向け。
日本語オフィシャルサイトはこちら予告編(英語版)はこちら

『チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~』(原題:Poulet aux prunes)11月10日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他公開。
イラン出身でフランスの女流漫画家、イラストレーターであるマルジャン・サトラピが『ペルセポリス』に続いて自身のグラフィック・ノベル「鶏のプラム煮」を、ヴァンサン・パロノーと共同で実写映画化した作品。「潜水服は蝶の夢を見る」や「ミュンヘン」のマチュー・アマルリックが主演。
大事なバイオリンを失い死ぬことを決めた天才音楽家が最期の8日間に振り返った人生を、現実と空想を交えながら美しくファンタジックに綴り、昨年の東京国際映画祭で"大人のファンタジー"として『チキンとプラム』の題名で上映された作品。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/626-091732d7
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------