納涼企画?最新ホラー映画注目作紹介 その2

2012年07月26日 00:52

前回紹介の『ポゼッション』は米で8月公開だが、9月21日に全米公開を予定しているのがこちら、『ハウス・アット・ジ・エンド・オブ・ザ・ストリート』(原題:House at the End of the Street)。

日本で、9月に全国拡大公開される『ハンガー・ゲーム』に主演のジェニファー・ローレンスが再び主演するホラー系スリラー作品で、エリザベス・シューと親娘役を演じる(エリザベス・シューって「ピラニア3D」にも出ているが、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」PART2・PART3で主人公マーティのガールフレンドを演じていた女優だ)。
但し監督は殆ど無名に近いマーク・トンデライ(DVDダイレクトリリースの"女を檻に閉じ込めた謎の大型トラックを目撃した為、恋人も監禁された青年がトラックをハイウェイで追跡する"「監禁ハイウェイ」というスリラーを撮っている)

「ウィンターズ・ボーン」の主演で世界の主演女優賞を総なめにしたジェニファー・ローレンスが、大ヒット作となった「ハンガー・ゲーム」の直ぐ後の出演作という話題に加え、エリザベス・シューと親娘役を演じるのも興味を引く。

"田舎町で新たな生活のスタートを切った母と娘の新居は、かって猟奇的な殺人事件があった曰くつきの物件の隣家だった…、その家の娘が自身の両親を殺害し行方をくらませたままで、隣家の唯一の生存者であり、今なおその家に住み続けている隣人の長男に近づく主人公だが…"

予告編はこちら
インターナショナル版予告編はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/594-223e6e20
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------