『わらの犬』(リメイク版) DVDダイレクトリリース

2012年05月15日 00:07

当サイトで"サム・ペキンパー『わらの犬』のリメイク版予告編"という記事を載せたのが、ほぼ1年前。その後、劇場公開されるものとばかり思っていたら、既に今年3月21日に DVDorBDダイレクトリリースとなっていた、迂闊にも気づかずに今頃になって、遅まきながら感想を記す。

販売された DVD & Blu-rayの邦題名は『わらの犬』(原題:Straw Dogs)と、ペキンパー版と同題名。現在ペキンパー版『わらの犬』のDVDは再版されておらず、amazonで中古が高額で売りに出されている。
オリジナルのペキンパー版が、紛れもない傑作だったので、リメイク版は観賞前から不安感が拭えなかったのだが…。

"ロサンゼルスに住む脚本家デヴィッドは妻と共に、彼女の故郷ミシシッピー州の田舎へと引っ越す。だが、都会者を嫌う地元の荒くれ男たちを敵に回したデヴィッドは、想像を絶する暴力の世界へと引きずり込まれていく"

英国の片田舎が米ミシシッピー州となり、主人公の職業も変えられたが、ほぼオリジナルを踏襲する形で物語が進行する。前半の都会人と田舎の住人との確執は、そつなく描かれていて、元が未見なら、これはこれで面白いと感じるかも…と思えたが、後半の暴力描写に転じるあたりから、監督と主演俳優の力量不足が明らかになる。
オリジナルのダスティン・ホフマンの追い詰められて弾ける演技、ペキンパーによる暴力が爆発する映像表現と演出に、残念ながらというか、当然というか、及んでいない。

繰り返すがオリジナルが未見なら、そこそこ面白く観賞できると思うが、だったらやはりペキンパー版『わらの犬』を観ておく事をお勧めする。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/559-a83ac44f
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【『わらの犬』(リメイク版) DVDダイレクトリリース】

    当サイトで



    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------