日本公開サイトと予告編『少年は残酷な弓を射る』『コナン・ザ・バーバリアン』『リンカーン弁護士』

2012年05月12日 00:02

weneedtotalkaboutkevin_others

『少年は残酷な弓を射る』(原題:We Need to Talk About Kevin)  6月30日(土)TOHOシネマズ シャンテ他公開。
昨年12月に当サイト内で日本公開予定として紹介済みの作品だが、検索にてその記事に辿り着く人が多いようなので、日本語版のポスター及び、同予告編の公開に併せ、再掲載させて頂く。内容紹介は上記の記事を参照されたい。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら

『コナン・ザ・バーバリアン』(原題:Conan the Barbarian)  6月30日(土)銀座シネパトス他全国順次公開。
最近はコナンと言うと、女・子供にとってはアニメの名探偵らしいが、世の一部のオヤジ達の間ではロバート・E・ハワードが創造したヒロイック・ファンタジーの主人公である。
シュワルツェネッガーによる『コナン・ザ・グレート』及び『キング・オブ・デストロイヤー』の映画化以来の約30年振りの本格映画化作品。
但し、監督が「テキサス・チェーンソー」のマーカス・ニスペル、新たにコナンを演じるのは新人のジェイソン・モモアと、可成り出来上がりに不安感が付きまとい、主人公の「ワイルドだぜぇ」な雰囲気にいまいち思い入れが湧かないのだが…。
日本語オフィシャルサイトはこちら、   ◎英語版予告編はこちら

『リンカーン弁護士』(原題:The Lincoln Lawyer)  7月14日(土)丸の内ピカデリー他にて公開。
マイクル・コナリー原作のミステリーの映画化作品。高級車(リンカーン)をオフィスとする弁護士が主人公、この男、腕は一級。離婚歴アリ、子持ちのちょいワル。演じるのは本国では人気があるが日本では今ひとつのマシュー・マコノヒー。監督も知名度の低いブラッド・ファーマンと、スタッフとキャストが地味だが、なにせ原作がマイクル・コナリーのボッシュシリーズとはひと味違う面白さの法廷サスペンスなので是非観てみたい。
日本語オフィシャルサイトと予告編はこちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/558-be534271
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【日本公開サイトと予告編『少年は残酷な弓を射る』『コナン・ザ・バーバリアン』『リンカーン弁護士』】

    『少年は残酷な弓を射る』(原題:We Need to Talk About Kevin)



    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------