日本公開予定作品『テッド・バンディ』『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』『THE UPSIDE 最強のふたり』

2019年12月16日 07:54

tedbundy_others.

『テッド・バンディ』(原題:Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile)  12月20日(金)渋谷HUMAXシネマ他。
30人以上の女性を殺した実在の殺人鬼テッド・バンディを描く犯罪ドラマ。監督はNetflixでオリジナルドキュメンタリー「殺人鬼との対談 テッド・バンディの場合」を手がけたダニエル・ボールドウィン、テッド・バンディを演じるのは「グレイテスト・ショーマン」のザック・エフロン、他にリリー・コリンズ、ジョン・マルコビッチ等が共演する。
『テッド・バンディ』日本語オフィシャルサイト

『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』(原題:Death Kiss)  12月20日(金)新宿武蔵野館他。
チャールズ・ブロンソンにそっくりなハンガリー出身の新人俳優ロバート・ブロンジーが映画初主演を果たしたバイオレンスアクション。内容もかってブロンソンが主演した「デス・ウィッシュ」シリーズ(「狼よさらば」「ロサンゼルス」「スーパー・マグナム」等)に寄せて作られている。
ちなみに「狼よさらば」の原題が"Death Wish"で、こちらの原題は"Death Kiss"、邦題のの"野獣処刑人"はまだしも、タイトルにまで"ブロンソン"の名を付けるか。
『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』日本語オフィシャルサイト

『THE UPSIDE 最強のふたり』(原題:The Upside)  12月20日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町他
フランス映画「最強のふたり」のハリウッドリメイク版。主人公の介護人デルを「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」のケビン・ハートが演じ、全身麻痺で車椅子生活を送る大富豪フィリップを「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のブライアン・クランストンが演じている、監督は「ダイバージェント」のニール・バーガー。
『THE UPSIDE 最強のふたり』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1708-c266079f
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------