Artist Pickup:Dave Mckean/デイブ・マッキーンと映画「ミラー・マスク」

2019年09月26日 08:19

「バットマン アーカム・アサイラム」(Batman Arkham Asylum)から話を始めるが、どうやらゲームで知れ渡っているタイトルらしいが、ゲームソフトに関しては寡聞にして知らない。
当方が取り上げるのはアメコミの名著と言われるグラフィックノベルで、グラント・モリソンがストーリーを担当した作品、これにイラストを担当したのが今回取り上げるデイブ・マッキーン(Dave Mckean)である。

もう8年も前になるが本ブログで"アメコミ作家グラント・モリソンの『恐竜対エイリアン』"というのをこちらに載せているので参考にして頂きたい。
(ちなみにここで紹介している「恐竜対エイリアン」の企画はポシャってます)

デイブ・マッキーンの話に戻すと、"Arkham Asylum"の装画は今見ても素晴らしく、偏執且つ病的な刺激の極致にある画の凄さを堪能出来るグラフィックノベル作品です。
(その一端はこちらこちらからもご覧頂けます)

…何で今頃、デイブ・マッキーンを取り上げたかというと、彼の撮った映画が何作品かあって、そのうち唯一(だと思う)日本版がリリースされていた『ミラーマスク』(原題:Mirror Mask)がAmazonビデオで低価格でレンタルされているのを、偶然見つけた為(こちらです)。

この作品、2005年制作になるファンタジー、原作は「コララインとボタンの魔女」のニール・ゲイマンで、彼の「サンドマン」もデイブ・マッキーンが装画を担当している。

いやー、しかし駄目でしたね、もっと狂った世界観が観られるかと思っていたんだけど、意外にまともなファンタジーで、造形的には面白いモノが出てはくるんだが、なにしろ物語が全然面白くない、個人の感性だけで築き上げられる絵画の世界と違い、何人もの手が加わる映画の世界ではマッキーンも自由奔放には行かなかった感がある、残念。

Dave Mckean Official Site


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1681-4a6de295
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------