DVD 『恐怖の火星探険 完全版』 『バンパイアの惑星』鑑賞/雑感

2019年09月09日 08:18

かなり古いモノを二本、どちらも最近再発売された作品ではあるが、共通するのがリドリー・スコットの「エイリアン」が影響を受けているという事。
どちらも未見だったので、この際確認してみる事にした。

『恐怖の火星探険 完全版』(原題:It! The Terror from Beyond Space)。1958年のモノクロ作品で、約20年後の1979年に発表された「エイリアン」を相手取り、本作のパクリだと訴訟を起こした経緯があり、今も「エイリアン」の元ネタと言われている作品。

まぁ、確かに似ている設定部分は散見するが、制作時期の古さと作品自体の出來が悪いので、「エイリアン」と比べるのもおこがましい。宇宙船(流線型!)という密室空間に忍び込んだ猿人タイプの吸血獣を銃や手榴弾で攻撃し、あろうことか原子炉の放射線を浴びせ、最後に宇宙船のハッチを開けて怪物は宇宙空間へ…、

エイリアンのデザインを担当したのが「金星人地球を征服」の金星ガニ等を作ったポール・ブレイズなんだが手抜き感が半端ない。

『恐怖の火星探険 完全版』予告編(YouTube)

『バンパイアの惑星』(原題:Planet of the vampires)。こちらは1965年のカラー作品でイタリアのマリオ・バーヴァ監督作品。

こちらが「エイリアン」と似ている点は2.3カ所ある、航行中の宇宙船がある惑星から発信される人工の信号をキャッチし、その惑星に着陸すると、謎の巨体星人の宇宙船を発見する箇所や、宇宙船が惑星に着陸する際のシーン等で、特に後者はそっくりそのまま。

バンパイアというタイトルが付いてはいるが、、乗組員がクリーチャー化するのは、どちらかと言えば精神に寄生するゾンビである。
なんだ、古いなぁ、怖くないなぁ、と思って観ていたら、ラストのどんでん返しにやられたのが唯一、評価できるかな、という程度のB級SF作品でした。

『バンパイアの惑星』予告編(YouTube)

まぁ、どちらの作品も、お勧め出来る程の作品ではないので、お暇な方はどうぞ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1676-2e1e50ec
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------