DVD 『ナチス第三の男』 鑑賞/雑感

2019年08月08日 08:20

東京創元社から邦訳も出ているローラン・ビネの「HHhH (プラハ、1942年) 」を映画化した作品『ナチス第三の男』(原題:The Man with the Iron Heart)。

原作はフランスの「ゴング―ル賞」の最優秀新人賞等に輝き、世界的なベストセラーにもなっている。
…ユダヤ人大量虐殺の首謀者、金髪の野獣ハイドリヒの暗殺を暗殺すべくプラハに潜入した二人の青年をノンフィクション的手法で描いた作品。

監督は「フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争」のセドリック・ヒメネス。「猿の惑星:新世紀」や「ターミネーター:新起動/ジェニシス」でジョン・コナー役だったジェイソン・クラークがラインハルト・ハイドリヒ役を演じ、他にロザムンド・パイク、ジャック・オコンネル、ジャック・レイナー、ミア・ワシコウスカ等が共演している。

まぁ、殆ど期待せずに鑑賞した作品で、その割りには、そこそこ観られたかな、という印象なんだが、2017年に公開された「ハイドリッヒを撃て」が同じ内容を扱った暗殺ものだっただけに、どうしても比べると、こちらの方が劣る。
ナチを描いていながらヒトラーは出てこず、どうみても不必要なセックス・シーンがあったりする。

映画全般では、前半にハイドリヒがナチスの将校となり、ヒトラー。ヒムラーに次ぐ地位に上り詰めるまでを描き、後半は暗殺者側の動きをと...きっちり二分割してしまった為、全体の流れが分断され、鑑賞の興味を削がれる。
最後の教会での銃撃シーンの映像が良く出来ていただけに、まとめて観ると惜しい作品になっている。

『ナチス第三の男』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1667-73d967d3
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------