DVD 『キャプテン・マーベル』 鑑賞/雑感

2019年07月18日 08:24

前回「アクアマン」に続けて、同じアメコミの人気作品の映画化となる『キャプテン・マーベル』(原題:Captain Marvel)。

古いアメコミのファンで、しばらくアメコミから離れていて「あれ、キャプテン・マーベルって男じゃなかったっけ?」と思われる御仁がいらっしゃいますが、間違いではありません。…初期は何とフォーセットコミックスなる出版社が世に出したスーパーヒーローであって、後に「スーパーマン」の盗作とDCコミックスから訴えられ廃刊、この版権をDCが買ったのだが、マーベル・コミックスの登録商標にひっかかり「シャザム」に改題。

この後、マーベル・コミックスが「ミズ・マーベル」を発刊、後に「キャプテン・マーベル」に改題した、と言うややこしい経緯がある。

舞台は90年代、アベンジャーズ結成以前の物語で、主役は「ルーム」でアカデミー主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン、その他にサミュエル・L・ジャクソン、ジュード・ロウ等が出演。サミュエル・L・ジャクソンはニック・フューリー役だが隻眼になる前の若きで登場するので面白い。

実はキャスティング中で一番興味深いのが、原作のコミックにも出てくる猫のグースで、これが可愛いいんだが、こいつの実態は‥フラーケンなる〇〇〇〇〇で、後半、その正体を現す場面が笑える。

もう一人キャスティング中で気になったのは主人公の同僚パイロット役の女性で、あぁ、この黒人女性が次回の新007役になるとか言われているラシャーナ・リンチかと判ったんだが、その新007役が事実なら、今頃イアン・フレミングは草葉の陰で泣いている事だろう。

『キャプテン・マーベル』日本語オフィシャルサイト


コメント

  1. onscreen | URL | mQop/nM.

    <イアン・フレミングは草葉の陰で泣いている事だろう。


    イアン・フレミングは生前に語っていたそうです。

    「俺の小説は、夜ベッドで読んでオトコが気持ち良く寝る程度のハナシなんだよ」(涙)




コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1661-2708b066
この記事へのトラックバック


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------