DVD 『ボヘミアン・ラプソディ』 鑑賞/雑感

2019年04月18日 20:02

公開と共に日本でもトップとなる興行収入で大ヒットとなり、にわかクイーンファンを急増させ、遂には2020年1月に"クイーン+アダム・ランバート"の日本公演まで決まり、もはや社会現象と化した作品。
『ボヘミアン・ラプソディ』(原題:Bohemian Rhapsody)。

個人的にはロックを聴いていたのは、クイーンの世代より前、レッド・ツェッペリン、ピンク・フロイド、エマーソン・レイク・アンド・パーマー等の頃だったので、クイーンの時代には、ロックから離れていて、格別の思い入れは無いのだが、「観るべき」の周囲の意見にも押されての鑑賞となった。

まぁ、監督が"Xメン"シリーズのブライアン・シンガーでもあるし、とも思ったんだが、この監督、過去の性的虐待疑惑が表に出て、完成前に監督を降ろされていた。
その後ゴールデングローブ賞やアカデミー賞でも各賞にノミネートされながらも監督賞から外されている。

そこら辺りの事情は兎も角、映画としては良く出来ていて、観て損の無い出来で、作劇の巧さに、成る程ヒットして当然と思われる。
フレディ・マーキュリーの育った家庭、両親、そして恋愛等を散り填めながら、クイーンとして成功するまでを描き、ライブ・エイドでの圧巻のパフォーマンスをラストに持ってくるドラマ作りの見本のような作品。

まぁ、だからと言って今更クイーンを再聴しようとは思わない、…映画は映画に過ぎない。

『ボヘミアン・ラプソディ』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1630-628d4da9
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------