日本公開予定作品『ブラック・クランズマン』『エマの瞳』『バイス』

2019年03月14日 08:30

blackkklansman_others

『ブラック・クランズマン』(原題:BlacKkKlansman)  3月22日(金)TOHOシネマズ新宿他
スパイク・リー監督によるノンフィクション小説の映画化作品。"KKK(クー・クラックス・クラン)"に黒人刑事が潜入捜査をした実話を描いている。
黒人差別の過激団体に潜入する捜査官役をデンゼル・ワシントンの実子ジョン・デビッド・ワシントンが演じ、これに協力する白人刑事をアダム・ドライバーが演じ、作品は第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞している。
『ブラック・クランズマン』日本語オフィシャルサイト

『エマの瞳』(原題:Il colore nascosto delle cose )  3月23日(土)新宿武蔵野館他。
イタリアのシルビオ・ソルディーニ監督によるラブストーリーで、目が不自由だが自立して生きる女性とプレイボーイの恋の行方を描いた作品。
女性役がバレリア・ゴリノ、男性役をアドリアーノ・ジャンニーニが演じていて、昨年の"2018イタリア映画祭"で「Emma 彼女の見た風景」のタイトルで上映されている。
『エマの瞳』日本語オフィシャルサイト

『バイス』(原題:Vice)  4月5日(金)TOHOシネマズ渋谷他。ブッシュ政権下において最も権力を持った副大統領と言われたディック・チェイニーを描いた社会派エンタテインメントドラマ。
チェイニーを演じるのは、体重を20キロ増やし、髪を剃り、眉毛を脱色するなどしたクリスチャン・ベール、その妻役にエイミー・アダムス、ブッシュ役にサム・ロックウェル、ラムズフェルド役にスティーブ・カレル、監督は「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のアダム・マッケイ。
『バイス』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1620-37403f5d
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------