日本公開予定作品『サンセット』『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』『バンブルビー』

2019年02月28日 08:31

napszallta_others

『サンセット』(原題:Napszallta)  3月15日(金)新宿武蔵野館他。
長編デビュー作「サウルの息子」でカンヌ国際映画祭グランプリ他、多数を受賞したネメシュ・ラースローの長編第2作。主人公の女性の視点から、1913年のブダペストを舞台に、戦前のヨーロッパの中心都市の繁栄と闇を描く作品。
亡き両親が遺した高級帽子店が王侯貴族に女性を捧げていることと、生き別れの兄が伯爵殺害の事件を起こしたことを知った主人公が、激動するヨーロッパの渦に巻き込まれていく。
『サンセット』日本語オフィシャルサイト

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(原題:Mary Queen of Scots)  3月15日(金) TOHOシネマズ・シャンテ他。
シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーの二大女優が、16世紀の英国を生きた2人の女王を演じた歴史ドラマ、監督はこれがデビュー作となるジョージー・ルーク。
スコットランドでイングランドの王位継承権を持ちながら、カトリックとして生まれたメアリー・スチュアートをシアーシャ・ローナンが演じ、エリザベスI世役をマーゴット・ロビーが
演じる。
『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』日本語オフィシャルサイト

『バンブルビー』(原題:Bumblebee)  3月22日(金) TOHOシネマズ日本橋他。
「トランスフォーマー」から派生したキャラクター、バンブルビーを主役にしシリーズの始まりを明らかにする物語。「KUBO クボ 二本の弦の秘密」のトラビス・ナイト監督の初の実写作品、主人公の少女をヘイリー・スタインフェルドが演じる。
少女チャーリーは、18歳の誕生日に小さな廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。すると突然、その車が人型の生命体へと変形。驚くチャーリーを前に逃げ惑う生命体は、記憶と声を失って何かに怯えていた。
『バンブルビー』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1615-b3c8f2fe
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------