DVD 『スノーマン 雪闇の殺人鬼』 鑑賞/雑感

2018年12月17日 08:31

ジョー・ネスボというノルウェーの作家による刑事ハリー・ホーレを主人公とした推理小説シリーズがあり、集英社文庫から邦訳が何冊か出ている。
そのシリーズの第7作目の「スノーマン」を映像化したのが本作、『スノーマン 雪闇の殺人鬼』(原題:The Snowman)で、シリーズとしても、この作家の他の作品も含めて初の映画化作品。

あいにく我が国では。作家の知名度が低く、劇場公開もされなかった作品だったが、スタッフ及びキャストの知名度が高かったので、DVD Blu-ray が先月リリースされた作品。

製作総指揮がマーティン・スコセッシで、監督が「ぼくのエリ 200歳の少女」「裏切りのサーカス」のトーマス・アルフレッドソン。主人公のハリー・ホーレ役がマイケル・ファスベンダーで助演がレベッカ・ファーガソン、シャルロット・ゲンズブール、ヴァル・キルマー、J・K・シモンズという-そうそうたるメンツが揃っている。

これで話がベストセラーになったサイコ・スリラーと言うんだから、そりゃぁ観ようと思うよなぁ。…まさか、こんな気の抜けた作品だったとは予想外でした。
北欧ミステリーだと、"ミレニアム"や"特捜部Q"シリーズ辺りの出來を期待したんだけどね。

冒頭からの説明不足な展開に加えて、登場人物達の相関関係がまるで解らないまま、話が進行する為、観客置いてきぼり。ラストまで明かされない真犯人の意外性も、ふーん、そうだったの程度で、お勧め出来ない作品であった。

『スノーマン 雪闇の殺人鬼』ユニバーサル映画公式Twitterページ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1595-bfbadeee
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------