DVD 『モリーズ・ゲーム』 鑑賞/雑感

2018年12月13日 08:31

「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンが、2014年に刊行された実在の女性モリー・ブルームの回想録をもとに脚色し、監督として初挑戦した作品、『モリーズ・ゲーム』(原題:Molly's Game)

「女神の見えざる手」での主演の印象が未だ残っているジェシカ・チャステインがトップアスリートから、ポーカールームの経営者へと転身した実在の女性、モリー・ブルームを演じている。その他弁護士役でイドリス・エルバ、父親役をケビン・コスナーが演じている。

モーグル選手として五輪の出場も有望視されていたモリーが試合中の怪我でアスリートの道を断念。…セレブを相手とするアンダーグラウンド・ポーカーゲームの運営アシスタントを経て、自分のゲーム場を開設するまでになるが、後にFBIに逮捕されてしまう。
モリーを担当する弁護士は、打ち合わせを重ねるうちに彼女の意外な素顔を知る事になる。

繰り出されるセリフの洪水とモノローグの多さが、「ソーシャル・ネットワーク」を彷彿とさせる出來で、チト全部、理解するのはキツく、集中力を要求する作品ではあるが、ジェシカ・チャステインとイドリス・エルバが、実にいい味で出していて、この二人の科白劇部分だけ観ていても充分楽しめる作品になっている。

しかし「女神の見えざる手」といい、本作品といい、ジェシカ・チャステインの存在感に圧倒されるし、この作品を鑑賞した男性客が彼女の胸ばかりに目がいくというのも納得。
監督のアーロン・ソーキンも初監督作品としては、そつなく巧いのだが、傑作に仕上がっているかというと、そこら辺りは、これからの作品待ちという感じではある。

『モリーズ・ゲーム』日本語オフィシャルサイト


コメント

  1. | URL | mQop/nM.

    ありがとうございます。

  2. onscreen | URL | mQop/nM.

    うまい表現ですね

    <そつなく巧いのだが、傑作に仕上がっているかというと、
    <そこら辺りは、これからの作品待ちという感じではある。

    アーロン・ソーキンの今後の作品に期待しています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1594-4c4f0063
この記事へのトラックバック


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------