DVD 『ゲティ家の身代金』 鑑賞/雑感

2018年10月19日 08:21

実際の事件を元にリドリー・スコットが映画化したサスペンスドラマ、『ゲティ家の身代金』(原題:All the Money in the World)。

1973年、石油王ジャン・ポール・ゲティの17歳の孫がローマで誘拐され、母親に1700万ドルの身代金を要求する電話がかかってくる、離婚でゲティ家を離れていた母に支払いは不可能。しかし身代金を要求された石油王ゲティは支払いを断固拒否する。

母親役をミシェル・ウィリアムズ、元CIAの交渉人役をマーク・ウォールバーグが演じているが、ゲティ役として当初にキャスティングされていたケビン・スペイシーが完成間近にスキャンダルで降板、クリストファー・プラマーが代役を務めて再撮影に入り完成された曰く付きの作品でもある。

個人的には「手紙は憶えている」でのクリストファー・プラマーが良かったので、これは嬉しい。かって「サウンド・オブ・ミュージック」で7人の子供たちの父親の大佐を演じていた彼も今や90歳に近く、実に味のある老齢の役者になり、個人的には、ケビン・スペイシーより、彼に代わって良かったと思っている。

作品自体は、完成間近に撮り直したとは微塵も感じさせない、さすがリドリー・スコットの職人芸で最後まで引っ張られるが、題材から来るミステリー色やサスペンス感は薄いので、そこらあたりは期待しない方がいい。

孫の身代金を出し渋る割には、芸術品には金額を出し惜しまないゲティ翁が最後に、1枚の絵画に描かれた聖母マリアが抱く幼児のキリストを眺めながら息を引き取るシーンは、「市民ケーン」のラストを思い起こさせる終わり方になっていた。

『ゲティ家の身代金』日本語オフィシャルサイト


コメント

  1. Doctor Coelacanth | URL | -

    Re: 最近

    ゲッティー・センターについて書けるって稀有な方ですね。殆どの方はそれがある事も知らないと思います。

  2. onscreen | URL | mQop/nM.

    最近

    クリストファープラマー、いいですね!

    「手紙は憶えている」といい、今作といい...



    個人的には、ゲッティー・センター建立の謎が解けた点で、満足度高かかったです(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1573-61da86bb
この記事へのトラックバック


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------