DVD 『ジュピターズ・ムーン』『聖なる鹿殺し』 鑑賞/雑感

2018年08月14日 00:25

Jupiter&sacreddee

その監督の語るところを理解しようとは思うが、どうしても宗教観の違いや、監督個人の性格や、諸々の事柄が原因で、いわゆるソリの合わない映画というのがある。今回、はからずも二作品続けて、そんな作品にブチ当たったのでまとめてしまう。…個人的な好き嫌いに過ぎないので、感銘を受けた方に異を唱えるつもりは毛頭無い事をお断りしておく。

『ジュピターズ・ムーン』(原題: Jupiter holdja)。
ハンガリーのコーネル・ムンドルッツォ監督作品、前作は「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」。
前作の犬が一斉蜂起する瞬間からの、暴走シーンの連続は圧巻だったが、見所がそれだけと言う事では今回の作品も、面白いのは主人公の浮遊シーンのみで、他は退屈。

前作同様にSF的な設定にもかかわらず、そこら辺りを期待すると見事に裏切られる。題名の"ジュピターズ・ムーン"とは木星の衛星エウロパの事で、ヨーロッパの難民問題をも扱っている。SFチックなファンタジーと難民問題を、同じ鍋で煮詰めて失敗した作品。

『ジュピターズ・ムーン』日本語オフィシャルサイト

『聖なる鹿殺し』(原題:The Killing of a Sacred Dee)。
ギリシャの鬼才と言われるヨルゴス・ランティモス監督作品、前作は「ロブスター」で、とあるホテルに集められ、45日以内にパートナーを見つけなければ動物にすると言い渡された者たちを待ち受ける運命を追う変な作品だった。

前作も今作もキリスト教的な教義が入ってくると駄目だった。題名はギリシャの物語かららしいが、ギリシャ悲劇的な味付けも入ってくる。
バリー・コーガン演じる青年がひたすら薄気味悪くで、オカルト作品のようだが、中身は不気味な不条理劇。
…後味も悪く、観ていてつらいものがある。

『聖なる鹿殺し』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1552-0cc504a1
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------