日本公開予定作品『女と男の観覧車』『死の谷間』『告白小説、その結末』

2018年06月19日 00:43

wonderwheel_others

『女と男の観覧車』(原題:Wonder Wheel)6月23日(土)新宿ピカデリー他。
ウッディ・アレンの2017年の監督作品、主演はケイト・ウィンスレット。2016年の「カフェ・ソサエティ」に続くアレン作品だが、あいだにネット配信ドラマで未公開の「ウディ・アレンの6つの危ない物語」がある。
舞台は1950年代ニューヨークのコニーアイランド、その遊園地のレストランで働いている元女優が、ひと夏の恋に溺れていく姿を描くドラマ。共演にジャスティン・ティンバーレイク、ジム・ベルーシ、ジュノー・テンプルがキャスティングされている。
『女と男の観覧車』日本語オフィシャルサイト

『死の谷間』(原題:Z for Zachariah)  6月23日(土)新宿武蔵野館他。
評論社から邦訳も出ているロバート・C. オブライエンの「死の影の谷間」の映画化で、マーゴット・ロビーが「スーサイド・スクワッド」で注目される前に主演したSFサスペンス・ドラマ。スイス、アイスランド、ニュージーランド合作で、監督は「コンプライアンス_服従の心理」のクレイグ・ゾベル、他の出演陣はキウェテル・イジョフォー、クリス・パイン。
世界で核汚染から唯一免れた小さな谷を舞台に、自分を唯一の生存者だと信じて愛犬と共に暮らしていた女性が、別の生存者と遭遇する。
『死の谷間』日本語オフィシャルサイト

『告白小説、その結末』(原題:D'apres une histoire vraie)  6月23日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町他。
ロマン・ポランスキーの最新作で「毛皮のヴィーナス」以来4年ぶりの作品。邦訳も出ているデルフィーヌ・ドゥ・ビガンの小説「デルフィーヌの友情」の映画化。
スランプに陥った新進作家のまえに現れた、謎めいたゴースト・ライター、急速に親しくなってゆく二人の女性をめぐる、恐怖のメタフィクション・サイコ・ミステリー。主演はポランスキーの奥さんで「毛皮のヴィーナス」にも出演のエマニュエル・セニエ、
『告白小説、その結末』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1530-556a6790
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------