DVD 『シェイプ・オブ・ウォーター』 鑑賞/雑感

2018年06月12日 00:48

ダグ・ジョーンズというアメリカの男優をご存じだろうか? その役歴のほとんどが人外、クリーチャー役で、ギレルモ・デル・トロ監督のハリウッド進出作「ミミック」でミミック役に抜擢されて以来、「パンズ・ラビリンス」のパン、ペイルマン、「ヘルボーイ」のエイプ等を演じ、デル・トロ作品以外でも、バイバイマン、シルバーサーファー等を演じ、人外役者として名高い。

で、『シェイプ・オブ・ウォーター』(原題:The Shape of Water)だが、これはギレルモ・デル・トロが、ダグ・ジョーンズを主演にして撮りたいが為に、制作したのではないか、と思えてしまう作品だった。
1950年代のユニヴァーサルのモンスター映画の中でも「大アマゾンの半魚人」が大好きなデル・トロが、そのリメイクを画策したのも、「ヘルボーイ」でエイプという半魚人役をダグ・ジョーンズに演じさせて以来、この、『シェイプ・オブ・ウォーター』での半魚人のキャスティングは頭にあったと思われる。

もちろん、今回の主演はサリー・ホーキンスが演じた発話障害の女性清掃員だが、この主人公が半魚人に恋をするという設定は、「大アマゾンの半魚人」で、半魚人が人間の女性に恋をする設定の逆ヴァージョンになっている。

YouTubeのこちらの「大アマゾンの半魚人」のムービー・クリップで、人間の女性の下で同時に泳ぐ半魚人の水中映像が観れる(当時、性的な意味合いがあるとされた)。
同じYouTubeのこちらの予告編では、1分55秒から2分5秒辺りの映像が、デル・トロ作品のラストの水中シーンと同じ構図になっている。

『シェイプ・オブ・ウォーター』日本語オフィシャルサイト


コメント

  1. Doctor Coelacanth | URL | mQop/nM.

    はい、「そこに愛はあるんか?」とかのたまう、訳判らんCMがありますが、
    こちらは、溢れております。

  2. onscreen | URL | mQop/nM.

    正に

    カイジュー愛、ですよね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1528-8d55d891
この記事へのトラックバック


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------