DVD 『婚約者の友人』 鑑賞/雑感

2018年05月25日 00:00

フランソワ・オゾンの監督作品を観始めたのは「8人の女たち」「スイミング・プール」あたりからだが、必ずしも日本での公開作を全て観ている訳では無く、ミステリーっぽい作品しか鑑賞していない、
で、『婚約者の友人』(原題:Frantz)だが、これはミステリードラマではあるが、そう決めつけてしまうに事を躊躇する類いの作品だった。

確かにミステリー調の謎が仕掛けられてはいるが、これは、主人公の女性の心の遍歴を丁寧に追った恋愛ドラマなのだ。
これ、オゾンのオリジナルではなく、モウリス・ロスタンの舞台劇を原案としたエルンスト・ルビッチ監督作「私の殺した男」が元になっている、

第一次世界大戦後のドイツ、婚約者を戦争で亡くした女性のもとに、友人だったという男性が現れる。彼はフランス人で、彼女と友人と名乗る男性は徐々に距離を縮めていくが、やがて男性の秘密が明かされる。

この秘密がミステリードラマ調で展開されるのだが、元となったエルンスト・ルビッチの作品を知っていると、前半の展開はミステリーの要素の印象は薄く、むしろ、オゾンらしい解釈となる後半の物語のほうが、二人の関係の顛末に興味がわくように作られている。

基本、全編モノクロームの映像なのだが、途中、数回、画面がカラーに変わる。
この変化は、明確な意図を持っての演出ではなく、主演の女性の心の変化を表しているように見える。
…ともあれ、モノクロームの深く美しい画面に酔える作品で、古典映画を観ている感覚になれる作品だった。

『婚約者の友人』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1522-79a53892
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------