話題沸騰ホラー映画『ヘレディタリー』米国6月公開、日本公開は?

2018年05月22日 00:22

hereditary-1

今年1月サンダンス映画祭、ミッドナイト部門で公開されたホラー映画が話題になっている。『ヘレディタリー』(原題:Hereditary/遺伝性)。
最近何かと注目されている、A24というエンターティメント配給会社が、今年初めて発表した作品で、アリ・アスターという監督の長編デビュー作で、トニー・コレット、アレックス・ウォルフ、ガブリエル・バーン等が出演する2時間6分の作品。

これが映画祭で公開されるや、「怖すぎる」「ホラー映画の傑作」「新世代のエクソシスト」と評判になり、6月の米国公開を前に、予告編の第一弾が公開された。…但し、現在のところ、日本公開の予定は未だ決まっていない。

この予告編を観ても、いまいち内容が把握しづらいのだが、紹介されているストーリーを要約してみる。

グレアム家の長老エレンが亡くなり、その娘は、自分たちの祖先の謎めいた、恐ろしい秘密を解明し始めようとするが、10代の孫娘が奇妙な運命を受け継いでいることに気付く。
やがて、真相が明らかになるにつれ、自分たちが代々受け継いでいる恐ろしい運命を知り、それから逃れようと、もがき始めるのだが‥。

家族の悲劇を不気味で深い不安に変え、悪夢のビジョンを解き放つ傑作と評されているようだが、この予告編だけでは、詳細が不明で、ただただ孫娘の不気味さが印象に残る。
ともあれ、早めの日本公開を期待したい最近の一本、

A24 『Hereditary』オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1521-3512ec7d
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------