DVD 『セブン・シスターズ』 鑑賞/雑感

2018年03月20日 00:06

ジャンルは、よくある人工過多問題を扱った "ディストピアSF"。古くは70年代の「赤ちゃんよ永遠に」や、90年代の「フォートレス」等、人口抑制のため子供を産むことを禁じられた、または制御された未来社会を描く作品、『セブン・シスターズ』(原題:What Happened to Monday?)。

‥本作では、世界規模の人口増加と食糧不足で、遺伝子組み換え作物が増産され、その影響で多生児の出生率が急増、一家族につき子供1人という法律が施行され、二人目以降は地球資源回復まで冷凍保存される、という設定で、その世界で生まれた七つ子の姉妹の物語になる、

それぞれ月曜から日曜と名付けられた姉妹をノオミ・ラパスが、一人七役で熱演、彼女たちを秘密裏に育てる祖父役にウィレム・デフォーがキャスティングされている。
監督は「ヘンゼル&グレーテル」でハリウッドデビューしたノルウェのトニー・ウィルコラ。
姉妹は名前に沿って週に1日だけ外出、7人で1人の共通の人格を演じ、監視の目から逃れ生きてきたが、ある日一人が帰宅せず、全ての設定が狂いはじめる。

まぁ、女優が個人的に好きではないノオミ・ラパスなんで、最初は目新しさないし、突っ込みどころ満載で、なんだかなぁと思って鑑賞していたら、中盤からトンデモ展開に突入。
ノオミ・ラパスお得意のアクションシーンも、過激なベッドシーンもあり、姉妹が次々と殺され、そこそこ退屈しないで見終わる事が出来た。

但し、スト-リーが穴だらけの、B級ディストピアSF、の印象は変わらず。

『セブン・シスターズ』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1498-73d915a1
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------