日本公開予定作品『ワンダーストラック』『ラブレス』『ベルリン・シンドローム』

2018年03月16日 00:04

wonderstruc_others

『ワンダーストラック』(原題:Wonderstruck)  4月6日(金)角川シネマ有楽町他。
「ヒューゴの不思議な発明」の原作者ブライアン・セルズニック原作の映画化、邦訳は出ていない。監督は「キャロル」のトッド・ヘインズ。
1970年代のミネソタと、1920年代のニュージャージー、二つの時代を舞台に、それぞれ大切なものを探す二人の子どもの旅を描く。‥二人の少年少女役以外に、それぞれの母親役を、ジュリアン・ムーア。ミッシェル・ウィリアムズが演じる。
『ワンダーストラック』日本語オフィシャルサイト

『ラブレス』(原題:Nelyubov)  4月7日(土)新宿バルト9他。
「裁かれるは善人のみ」のロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督によるサスペンス・ドラマで、2017年のカンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞している作品。
それぞれにパートナーがおり、一刻も早く別れて新しい人生をスタートさせたいと思っている夫婦の一人息子が学校に出かけて、そのまま行方不明になり、夫婦は必死で息子を探すが‥。
『ラブレス』日本語オフィシャルサイト

『ベルリン・シンドローム』(原題:Berlin Syndrome)  4月7日(土)新宿武蔵野館他。
オーストラリア人の女性カメラマンが、ベルリン旅行中に一人の男と出会い、意気投合して、男の部屋に泊まる事になるが、彼女は男によって脱出不可能な部屋に監禁されてしまい、部屋からの脱出を試みるが…。
「さよなら、アドルフ」のケイト・ショートランド監督によるサスペンス・スリラー。主演はオーストラリア女優テリーサ・パーマー。
『ベルリン・シンドローム』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1497-6e31f6ae
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------