日本公開予定『トレイン・ミッション』『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』『レッド・スパロー』

2018年03月06日 00:19

redsparrow_others

『トレイン・ミッション』(原題:The Commuter)  3月30日(金)TOHOシネマズ日比谷他。
前回の日本公開予定で紹介の「ザ・シークレットマン」に続いて、リーアム・ニーソン主演の作品。こちらは「ラン・オールナイト」でもリーアム・ニーソン主演作品を撮っていたジャウム・コレット=セラ監督によるサスペンス・アクション。
通勤電車を舞台に、始点から終点までのリアルタイムで物語が展開するが、リーアム・ニーソンが元警官だったとか、偶然、妻が電車に乗っていて人質になるとか、ありがちな設定ではある。
『トレイン・ミッション』日本語オフィシャルサイト

『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』(原題:Darkest Hour)  3月30日(金)TOHOシネマズ新宿他。
ゲイリー・オールドマンがウィンストン・チャーチルを演じる歴史ドラマ、監督は「つぐない」のジョー・ライト。英国首相就任からダンケルクの戦いまでの4週間、ヒトラーとの和平交渉か徹底抗戦か、究極の選択を迫られる究極の選択を迫られるチャーチルの姿を描く。
オールドマンの特殊メイクを担当したのは、ロス在住の日本人アーティスト、辻一弘。
『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』日本語オフィシャルサイト

『レッド・スパロー』(原題:Red Sparrow)  3月30日(金)HOシネマズ 日本橋他。
「ハンガー・ゲーム」シリーズを撮ったフランシス・ローレンス監督がジェニファー・ローレンスを再び迎えて、ジェイソン・マシューズ原作の同名小説(ハヤカワ文庫から邦訳)を映画化したスパイアクション。
バレリーナを志していた女性が、ロシアの極秘裏機関の一員となり、自らの肉体を武器に誘惑や心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ「スパロー」になり、CIAのスパイを探り出す。
『レッド・スパロー』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1492-fb9e3d4c
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------