DVD 『五日物語 3つの王国と3人の女』 鑑賞/雑感

2018年02月20日 00:02

余り知られてはいないが、イタリアにマッテオ・ガローネという監督がいる。2008年に「ゴモラ」というイタリアの犯罪組織を描いた作品でカンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞している。

その後撮った「リアリティー」という作品でもカンヌ国際映画祭グランプリを受賞しているが、この人が2015年に撮り、2016年に日本公開もされた作品が本作『五日物語 3つの王国と3人の女』(原題:Il racconto dei racconti)である。

バンサン・カッセル、トビー・ジョーンズ、ジョン・C・ライリー等が出演し、17世紀にイタリアで書かれた民話集「ペンタメローネ 五日物語」から三編の物語を元に映像化している。
この原作、後にグリム童話をはじめとする多くのおとぎ話のオリジンとなった世界最初のおとぎ話しとの事で、作品の部類としてはダーク・ファンタジーになる。

まぁ、ビジュアルだけなら、童話を映画化したディズニー映画並なんだが、中身は、かなりグロいし、エロいお伽話展開で、登場人物すべて感情移入出来ない奴らばかり。
‥とは言っても、怪獣怪物の類いが結構登場したり、大道芸の描写や、シュールな場面の連続は、いかにもイタリア映画で、三つの物語が交錯して、人間の狂気と残酷さをしっかり観せてくれる。

但し、登場する女性達は行動的で、男性はクズばかりという、そのまま現代に持ってきても違和感のないお話のカオス感に少々、疲れもする作品ではある。

『五日物語 3つの王国と3人の女』日本語予告編(YouTube)


コメント

  1. Doctor Coelacanth | URL | -

    ありがとうございます。そこいら辺りは疎くて...。

  2. onscreen | URL | mQop/nM.

    それぞれの物語のロケ場所が、イタリアの歴史上価値があり、かつ視覚的に面白い処、というのも面白いですよね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1488-09f6e317
この記事へのトラックバック


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------