DVD 『ゴールド金塊の行方』 鑑賞/雑感

2018年02月13日 00:02

マシュー・マコノヒーが実際の事件を元に、製作と主演で映画化した犯罪サスペンス作品、『ゴールド金塊の行方』(原題:Gold)。

監督は「シリアナ」「トラフィック」のスティーブン・ギャガン、共演にエドガー・ラミレスと、「ターミネーター4」や「ジュラシック・ワールド」に出ていたブライス・ダラス・ハワード等が出演。

鉱山事業に失敗、破産に追い込まれた金鉱採掘者のケニー・ウェルズが、謎めいた地質学者と組んで、インドネシアの山奥で金脈探しを開始する話しを発端に、巨大金脈を発見し、一攫千金の夢を成し遂げ、一躍時の人となるが‥という展開から顛末までを描いてみせる。

これが結構、面白いし。何よりもマシュー・マコノヒーの演技をみてるだけで楽しめる。‥「リンカーン弁護士」や「ダラス・バイヤーズクラブ」あたりから、個人的に注目していて、マイクル・コナリーの"刑事弁護士 ミッキー・ハラー シリーズ"が原作となる「リンカーン弁護士」は他の話しも映画化して欲しい、と思っている。

そのマコノヒーが、今回は禿げ上がった頭髪、突き出た腹というキャラで、やたらブリーフ1枚で動き回って、ブヨブヨな肉体をさらけ出すが、実は結構ロマンチストという役どころを、見事に演じていて、この作品の見所の一つとなっている。

日本版ポスターにある「なぜ、170億ドルの金塊が一晩で消えたのか…」は、犯罪映画のトリックを描いているようで誤解を招きかねないが、チト言わんとする意味が違う。
まぁ、確かに逆転のエンディングがあり、ドンデン返しと言えなくもないが、「あっ」と言うよりは思わず、ニヤリとさせる終わり方になっている。

『ゴールド金塊の行方』日本語オフィシャルサイト


コメント

  1. Doctor Coelacanth | URL | -

    おっ、

    同好の士!

  2. onscreen | URL | mQop/nM.

    なかなかの怪演

    確かに、ニヤリ! という感じでしたね(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1486-9bb26950
この記事へのトラックバック


最新記事

プライベートリンク

------------------------------------------------------------