SF小説「全滅領域」と映画『アナイアレイション』

2018年01月23日 00:17

jefv

ジェフ・ヴァンダミアという作家の"サザーン・リサーチ"という三部作のシリーズがあって、「全滅領域」に始まり「監視機構」と続き「世界受容」で完結するSF小説で、これが結構面白い。

地上に突如出現した〈エリアX〉と名付けられた謎の領域、そこでは生態系が異様な変化を遂げ、拡大を続けていた。…その境界に触れた瞬間、あらゆる物体は消滅し、誰も近づけなかったが、ある日、入口が発見され、調査隊が派遣されたが、次々と全滅、11次におよぶ調査隊が派遣されるも、無事に生還できた隊は存在しなかった。

ここに新たに女性だけの調査隊が派遣されるところから物語が始まるのだが、その中の生物学者の女性の一人称で第一部「全滅領域」は始まる(二部三部では、この手法が変わる)。
この生物学者の主人公にナタリー・ポートマンがキャスティングされ、映画化されたのが『アナイアレイション』で、監督が「エクス・マキナ」のアレックス・ガーランドである。

米英合作で今年2月に全米公開され、日本公開も決まっているが(公開日未定)、楽しみな作品だ。…小説と違い一話完結になるらしい。
多少ネタばれになるが、エリアX内の生物は(動植物はおろか人間まで)その一部はコピーである。この複製を作った正体について知りたければ、原作を読むか、映画の公開まで待つしかないが、ラヴクラフトのクトゥルフ神話のような趣きもあるホラー系のSFなので、当方も含め、その手がお好きなら期待していいと思う、

『 Annihilation/アナイアレイション』英語版テスター・トレイラー(YouTube)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1479-c631252c
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------