日本公開予定作品『ルイの9番目の人生』『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』『ザ・リング リバース』

2017年12月22日 00:09

9thlifeoflouis_others

『ルイの9番目の人生』(原題:The 9th Life of Louis Drax)  1月20日(土)新宿ピカデリー他。
ちと、ヒューマンドラマっぽい作品に思えるが、リズ・ジェンセンという女流作家の同名の心理サスペンス小説の映画化。
少年ルイは、この世に生を受けてから、毎年のように必ず事故にあい、そのたびに生死の境をさまよってきた。そして9歳の誕生日に崖から転落したルイは、ついに意識不明の重体になってしまい、周辺の人々の身に、不可解な出来事が次々と起こる。
『ルイの9番目の人生』日本語オフィシャルサイト

『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』(原題:Gauguin-Voyage de Tahiti)  1月27日(土)新宿シネマカリテ他。
フランスを代表する画家ゴーギャンの創作の秘密や、タヒチでの愛と苦悩の日々を、バンサン・カッセルの主演で、生誕170周年を記念し描いた伝記ドラマ。
画家が愛した楽園と、黒髪の女たち、19世紀を代表する画家ポール・ゴーギャンのタヒチ時代の知られざる創作の秘密と愛の悲劇を描く。
監督はエドゥアルド・デルック、共演にツイー・アダムス、マリック・ジディ等。
『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』日本語オフィシャルサイト

『ザ・リング リバース』(原題:Rings)  1月26日(金)TOHOシネマズ新宿他。
ジャパニーズホラー「リング」のハリウッド・リメイク版の三作目、一作目の「ザ・リング」は監督がゴア・ヴァービンスキー、二作目の「ザ・リング2」は監督が中田秀夫だったが、今回は新人のF・ハビエル・グティエレスが監督。、
元々、「ザ・リング 3D」として公開予定で制作を進めていた作品だったが、脚本をリトライし今回の公開に踏み切った。
『ザ・リング リバース』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1471-d7402433
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------