映画『LOGAN/ローガン』とアメコミ『ウルヴァリン:オールドマン・ローガン』

2017年10月21日 00:06

映画『LOGAN/ローガン』(原題:Logan) の原作はマーク・ミラーのコミックス『ウルヴァリン:オールドマン・ローガン』(原題:WOLVERINE OLDMAN LOGAN)だと言う事になっているらしいが、両者は違うものなのでチト触れておきたい。

確かに、年老いたウルヴァリンを描き、暴力描写が成人向けであるという共通項はあるが、先ずはコミックスがあって、映画化が企画されたが、ストーリーは別物で、それぞれの世界の話になっている。

マーク・ミラーは「シビル・ウォー」や「キック・アス」の原作者で、コミックスではスーパービランに支配され、ヒーロー達が姿を消した未来で、カリフォルニアの寒村に、妻と二人の子供に囲まれ慎ましく暮らす一人の男の話として始まる。

年老いたヒーローを描いた作品と言えばフランク・ミラーの「バットマン:ダークナイト・リターンズ」という傑作があるが、マーク・ミラーの本作品も、影響を受けて創作され、熱の籠もったシリーズとして展開されている。…但し、両ミラーは兄弟ではなく別人である。

映画の方はヒュー・ジャックマンが、ウルヴァリンはこれで最後にしたいと言う意向を汲んでいる作品なので、ウルヴァリンもプロフェッサーも最後の作品になる、その点では今までのアメコミ・ヒーロー映画としては、異色の楽しめる作品になっている。

wolverine_logan

『LOGAN/ローガン』日本語オフィシャルサイト
ヴィレッジブックス オフィシャルサイト
同上『ウルヴァリン:オールドマン・ローガン』ページ
本サイト、フランク・ミラー『バットマン:ダークナイト・リターンズ』記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1449-e6ded9bc
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------