日本公開予定作品『セブン・シスターズ』『ブレードランナー 2049』『ゴッホ 最期の手紙』

2017年09月16日 00:02

whatmonday_others

『セブン・シスターズ』(原題:What Happened to Monday?)10月27日(土)新宿シネマカリテ他。
「ヘンゼル&グレーテル」でハリウッドデビューしたノルウェーのトニー・ウィルコラ監督によるSFアクション・スリラー。主演というか‥7つ子の姉妹を1人7役で演じているのがノオミ・ラパス。
超大国「ヨーロッパ連邦」が支配する西暦2017年を舞台に、人口過多と食糧不足から、“一人っ子政策”が発令し、その状況下に産まれた七つ子姉妹が、週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで監視の目をくらませてきたが‥。
『セブン・シスターズ』日本語オフィシャルサイト

『ブレードランナー 2049』(原題:Blade Runner 2049)  10月27日(金)新宿ピカデリー他。
リドリー・スコットの「ブレードランナー」が発表されてから35年目の続編。新たに監督するのは「灼熱の魂」「プリズナーズ」のカナダ出身の実力派ドゥニ・ビルヌーブ。
舞台は、前作から30年後の2049年、主演にキャスティングされたライアン・ゴズリングが、行方不明となったブレードランナーのリック・デッカードを探す物語が描かれる。勿論デッカード役はハリソン・フォード。
『ブレードランナー 2049』日本語オフィシャルサイト

『ゴッホ 最期の手紙』(原題:Loving Vincent)  11月3日(金)TOHOシネマズ六本木他。
全編油絵風のアニメーションで、ゴッホの死の謎を解き明かしていく異色のサスペンスドラマ。
俳優が演じた実写映像をもとに約6万5000枚の油絵が描かれ、全編が動く油絵によって構成される、という異色のアート映画。
演じたキャストはをロベルト・グラチーク、エレノア・トムリンソン、シアーシャ・ローナン、ジェローム・フリン等。…ゴッホの死の本当の原因は何だったのか、その謎をゴッホの絵画によって語らせる。
『ゴッホ 最期の手紙』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1432-250453d9
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------