日本公開予定作品『バリー・シール アメリカをはめた男』『女神の見えざる手』『ゲット・アウト』

2017年09月09日 08:40

barryseal_others

『バリー・シール アメリカをはめた男』(原題:Barry Sea)  10月21日(土)全国公開。
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン監督が再びトム・クルーズと組んだコメディ・クライム・アクション。
トムが演じるのは麻薬の運び屋として暗躍した実在の人物バリー・シール。…天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして暮していたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を開花させる。
『バリー・シール アメリカをはめた男』日本語オフィシャルサイト

『女神の見えざる手』(原題:Miss Sloane)  10月27日(金)TOHOシネマズシャンテ他。
「恋におちたシェイクスピア」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のジョン・マッデン監督による社会派サスペンス。主演は「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャスティン、共演にマーク・ストロング、ジョン・リスゴー等。
ジェシカ・チャスティンが演じるのは、政府を影で動かす戦略のプロであるロビイスト。その天才的な戦略でロビー活動を仕掛ける花形ロビイストである彼女のプライベートが暴かれ、予想外の事件が事態を悪化させる。
『女神の見えざる手』日本語オフィシャルサイト

『ゲット・アウト』(原題:Get Out)  10月27日(金) TOHOシネマズシャンテ他。
「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」等を仕掛けるジェイソン・ブラム製作による、人種差別を描いた異色のホラー作品。コメディアンとして活躍してきたジョーダン・ピールの監督デビュー作。
若き黒人写真家が白人の恋人の両親に会いに行く事になる。ニューヨークの高級住宅街にある恋人の実家で過剰なまでの歓迎を受けるが‥、その家に黒人の使用人がいることに違和感を感じるのだが…。
『ゲット・アウト』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1429-56ac951f
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------