日本公開予定作品『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』『アトミック・ブロンド』『婚約者の友人』

2017年09月02日 00:00

waplanetapes_others

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(原題:War for the Planet of the Apes)  10月13日(金)TOHOシネマズ日劇他。
リブート版「猿の惑星」シリーズの「猿の惑星:創世記」「猿の惑星:新世紀」に続く作品。出演はアンディ・サーキス、ジュディ・グリア、ウディ・ハレルソン等、監督は前作と同じくマット・リーヴス。
猿と人類が地球の支配者を決する戦いで、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーの心の葛藤を描くSF大作。
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』日本語オフィシャルサイト

『アトミック・ブロンド』(原題:Atomic Blonde)  10月20日(金)TOHOシネマズ新宿他。
原作はグラフィックノベルの「The Coldest City」、監督は「ジョン・ウィック」シリーズのプロデューサーや「デッドプール」続編の監督も務めるデビッド・リーチ、主演のMI6の女スパイ役にシャーリーズ・セロン、共演にジェームズ・マカボイが出演。
時代はベルリンの壁崩壊直前の1989年。世界を揺るがす最高機密のリストが消えた。イギリスの諜報機関MI6きっての女スパイがリストの奪還を命じられる。しかし、世界中のスパイがリストを狙っていた。
『アトミック・ブロンド』日本語オフィシャルサイト

『婚約者の友人』(原題:Frantz)  10月21日(土)シネスイッチ銀座他。
フランソワ・オゾン監督の最新作、「私の殺した男」の原作としても知られるモウリス・ロスタンの戯曲をアレンジしたミステリードラマ。出演はたピエール・ニネと新鋭ポーラ・ビール。
1919年のドイツが舞台、婚約者を戦争で亡くしたアンナは、その婚約者の墓に花を手向けて泣いている見知らぬ男と知り合う。アンナは次第に彼に惹かれていくが、実は彼はある秘密を抱えていた。
『婚約者の友人』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1426-8fe1668e
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------