日本公開予定作品『プラネタリウム』『ポルト』『愛を綴る女』

2017年08月19日 03:58

planetarium_others

『プラネタリウム』(原題:Planetarium)  9月23日(土)新宿バルト9他。
「美しき棘」のフランス人女性監督レベッカ・ズロトブスキによるミステリアスドラマ。「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップとバネッサ・パラディの娘リリー=ローズ・デップが姉妹役で共演。
1930年代、降霊術師の妹と、ショーを仕切る姉が、憧れのパリへと向かい、美人姉妹として活躍し話題となる。映画会社のプロデューサーがその活躍に目を付け、リアルな超常現象映画を製作しようとするが、。果たして姉妹の力は本物なのか。
『プラネタリウム』日本語オフィシャルサイト

『ポルト』(原題:Porto)  9月30日(土)新宿武蔵野館他。
製作総指揮ジム・ジャームッシュ、監督は本作が長編劇映画デビューとなるゲイブ・クリンガーで、ポルトガル第2の都市ポルトで再会した孤独な男女を描いたラブストーリー。
主演の男女の女性は新人だが、男優は「ターミネーター4」でカイル・リース役を、「スター・トレック」シリーズでエンタープライズ号のクルー、チェコフ役を演じ、一躍ハリウッド期待の若手俳優となるも、2016年に自動車事故で亡くなったアントン・イェルチン。
『ポルト』日本語オフィシャルサイト

『愛を綴る女』(原題:Mal de pierres)  10月7日(土)新宿武蔵野館他。
日本では新潮社から「祖母の手帖」として邦訳も出ているアグス,ミレーナの小説を、女優としても活躍するニコール・ガルシアが監督した作品。主演は、最近「マリアンヌ」でブラッド・ピットと共演したマリオン・コティヤール。
1950年代、南仏プロバァンスを舞台に、一人の女性の自由への希求と、理想の愛の行方を見つめる究極のラブ・ストーリー。
『愛を綴る女』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1420-219d99cf
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------