『回転 ヘンリー・ジェイムズ原作』と『ザ・ダークプレイス 覗かれる女』

2017年08月15日 00:06

前回に続けてヘンリー・ジェイムズの「ねじの回転」の映像化二作品を取り上げる。

最初は2009年にイギリスBBCが90分のTVドラマとして製作した作品、正確な邦題は『回転 ヘンリー・ジェイムズ原作 HDマスター』というサブタイトルまでぶっ込んだ、親切なんだか、適当なんだか判らないタイトルになっている(原題:THE TURN OF THE SCREW)。…監督はティム・ファイウェル、主演はミシェル・ドックリー。

ヘンリー・ジェイムズの原作は、発表後に単なる幽霊譚ではなく、女性家庭教師の性的妄想の上に成り立っているという解釈がなされ、前回紹介のジャック・クレイトン版でも、その解釈を元に映像化されているのだが、実際の部分は映画を観た人間の想像に任せている形になっている。

このTV版は、そこを悪魔的な亡霊を登場させてしまう事により、原作の印象を小さくまとめてしまった。

次に紹介するのは『ザ・ダークプレイス 覗かれる女』(原題:In a Dark Place)。

2006年のイギリス・ルクセンブルク合作映画で日本では劇場未公開作品。…監督はドネート・ロテュンノ、主演はキューブリックの「アイズ ワイド シャット」に出ていたリーリー・ソビエスキー。

現代に移された物語になっているが、原作の何を勘違いしたのか、主役のソビエスキーが余りに肉感的で家庭教師には見えず、おまけに監督はこのソビエスキーの入浴シーンを挟んだり、他にも意味なくセクシーなショットを混ぜてみせる。
おまけに原作のメイドに当たる人間を、同性愛志向の女秘書としてキャラクター付けし、彼女のオナニーシーンまで見せている。…一体、何を考えてんだ、この監督。‥

一応、ヘンリー・ジェイムズの原作を元に現代の話にしました、それだけの映像化ではジャック・クレイトン版の出来には追いつけないので、セクシー路線にしました、…って事らしい。
おかげさまで鑑賞後、憶えているのはソビエスキーの胸の大きさだけだった。

ちなみに、1971年に製作されたマイケル・ウィナー監督、マーロン・ブランド主演の『妖精たちの森』は「ねじの回転」の前日譚で、屋敷の家庭教師と下男の倒錯した関係と、二人の逢瀬を目撃した姉弟の悲劇を描いている。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1418-594f94fc
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------