日本公開予定作品『オン・ザ・ミルキー・ロード』『スイス・アーミー・マン』『スクランブル』

2017年08月10日 01:50

onthemilkyroad_others

『オン・ザ・ミルキー・ロード』(原題:On the Milky Road)  9月15日(金)TOHOシネマズシャンテ他。
旧ユーゴスラビア出身の映画監督であり俳優でもあるエミール・クストリッツァの9年ぶりの作品、主演はモニカ・ベルッチと監督本人による人間ドラマ。
戦争が終わらないある国を舞台に、ミルク運びの男と謎のイタリア人美女の愛の逃避行を描いた物語。…彼女が原因で村が襲撃され、ミルク運びの男の人生が一変する。
『オン・ザ・ミルキー・ロード』日本語オフィシャルサイト

『スイス・アーミー・マン』(原題:Swiss Army Man)  9月22日(金)TOHOシネマズシャンテ他。
CMディレクター出身の監督コンビによる初長編作で各地の映画祭で受賞を重ねた話題作。ダニエル・ラドクリフが出演するが彼は死体役。主演のポール・ダノが、その死体を使って無人島脱出を試みる話。
波打ち際に男の死体が流れ着き、その死体からガスが出て浮力を持っていることに気付いた青年は…。
日本の古典落語「らくだ」を彷彿とさせる設定もさる事ながら、死体役に徹するラドクリフが見もの。
『スイス・アーミー・マン』日本語オフィシャルサイト

『スクランブル』(原題:Overdrive)  9月22日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他。
クリント・イーストウッドの息子、スコット・イーストウッドが主演を務めるクライムアクション。監督は「トランジット」のアントニオ・ネグレ。
誰も思いつかない手口で、完璧に車を盗むかをモットーにする高級クラシックカー専門の強盗団兄弟が、世界に2台しかない37年型ブガッティをオークション会場から盗もうとして失敗。囚われ、命が助かる条件として提示されたのは、3800万ドルの62年型フェラーリ250GTO強奪ミッションに挑む事だった。
『スクランブル』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1416-d0576639
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------