DVD『インビジブル・ゲスト 悪魔の証明』鑑賞/雑感

2017年08月03日 01:44

『インビジブル・ゲスト 悪魔の証明』(原題:Contratiempo)、原題はスペイン語で"経緯(一時、何処かの国の首相が誤用して話題になった"悪魔の証明"を邦題に取り込んでいるのは、話題性狙いか)。…シネマート新宿とシネマート心斎橋で今年3月に開催された「シネ・エスパニョーラ2017」での上映作品。

2015年の"シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション"で上映され、その後、「ロスト・ボディ」の邦題でDVDも出ているスペインのオリオル・パウロ監督の作品。
この監督、ギレルモ・デル・トロ製作の「ロスト・アイズ」の脚本も務めていて、ホラー系サスペンスを得意とする監督である。

密室で不倫相手が殺され、殺人容疑で起訴された実業家と、圧倒的に不利な状況ながら無罪にできると言う凄腕弁護人が、存在しない事実を証明し、裁判で無実を勝ち取ろうとする。
この敏腕女性弁護士に全てを語る実業家の話が二転三転、仮定の話も含めて、全て映像で見せられると、何が真実か判らなくなる。このシナリオが実に巧い。

密室殺人と、もう一つの事件が絡んで、終盤の真相にたどり着いた時、予想出来なかったドンデン返しが待ち受けていた。
殆どネタばれ同然の邦題にも関わらず、迷路のような事実の終局で観客に提示される真実が凄い。…ちゃんと伏線は張られているのだが、余りにさり気なかったので、見事に騙されました。ミステリー映画好きなら是非、ご覧頂きたい、お勧め作品。

シネ・エスパニョーラ2017 オフィシャルサイト内に日本語予告編あり


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1413-99f26bab
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------