DVD 『クリミナル 2人の記憶を持つ男』 鑑賞/雑感

2017年07月27日 00:41

監督が「THE ICEMAN 氷の処刑人」のアリエル・ブロメンで、主演が久し振りのケビン・コスナー、それほど食指の動くコンビとは言い難いが、共演陣がゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ、ライアン・レイノルズと彼等に加えて「ワンダーウーマン」のガル・ガドットも顔を揃えているスパイ・アクションなので鑑賞、『クリミナル 2人の記憶を持つ男』(原題:Criminal)。

亡くなったCIAエージェントの記憶を脳に移植された囚人が、記憶が消えるまでの48時間のタイムリミット中に、テロリストを追う姿を描く、この囚人、凶悪犯で死刑囚というケビン・コスナーにしては従来の役どころとは異色の設定になっている。

物語が予定調和的ではあるが、結構面白い。シナリオが頑張っていて、中弛みせずにストーリーが展開するので、飽きずに観られる。
ケビン・コスナーも老けたが、幼児期の頭の怪我により前頭葉の発達が止まり、善悪の判断が出来ない状態の、極悪且つゲス人間として登場する設定が新鮮。

…まぁ、この未発達の前頭葉に死者の記憶を植え付け、その記憶を取り出そうとするが、その記憶は48時間前後で消えてなくなる筈が、徐々に死者の記憶が復活し、感情まで支配し始める、と言うトンデモ設定なんだが、そこはSF映画ではなく、スパイ・サスペンスものなので、突っ込まないでとばかりに、銃撃やらカー・アクションシーンを矢継ぎ早に繰り出す作戦が功を奏して、終盤まで緊張感が途切れない。

それにしても、このハッピーエンドな結末に、納得するか、否か、が問題で、観客の評価が分かれる部分ではある。

『クリミナル 2人の記憶を持つ男』日本語オフィシャルサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coelacanthnote.blog9.fc2.com/tb.php/1410-1238dfb9
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    プライベートリンク

    ------------------------------------------------------------